加圧トレーニング後に飲酒をすると効果が減ると言われているのはなぜでしょうか?その理由と対処法についてまとめていますので、是非ご覧になっていってください。

加圧トレーニングについて

加圧トレーニング後の飲酒は厳禁?その理由と対処法

更新日:

ジムで加圧トレーニングをする人や、金剛筋シャツなどの加圧シャツを着用して筋トレを行う人が増えています。トレーニングで汗を流した後のビールは格別なので、飲みに行く人も多いでしょう。

しかし、アルコールを摂取してしまうと結果「効果ない」と嘆くことになります。そこで、加圧トレーニング後の身体にアルコールが与える悪影響とお酒を飲むときの注意点をお教えします。

加圧トレーニング後の飲酒は筋トレ効果を低下させる

加圧トレーニング後の飲酒は筋トレ効果を低下させる

加圧トレーニングを行うと、テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。このホルモンは、たんぱく質の合成を促進し、筋肉を成長させる効果があります。

しかし、アルコールには、このテストステロンの分泌を抑制する作用があるため、運動後にお酒を飲むと筋肉の成長効果を低下させることになります。

また、大量のアルコールを摂取すると、コルチゾールを大量に分泌します。コルチゾールは、ストレスホルモンと呼ばれ身体や精神にストレスを感じたときに分泌されます。

このホルモンは、筋肉を分解し脂肪を生成する働きがあるため、筋力アップのための運動をしても筋肉量が減りトレーニングの効果を台無しにします。

このように、加圧トレーニング後にアルコールを摂取すると、筋トレ効果が半減します。筋トレ効果を最大限引き出したいと思うなら、当日は、休肝日にしましょう。

飲み会が避けられないときはお酒の種類とおつまみを工夫しよう

飲み会が避けられないときはお酒の種類とおつまみを工夫しよう

加圧トレーニング後、飲酒を避けることがベストですが、付き合い上どうしても飲まないといけないときもあるでしょう。

そんなときは、お酒の種類や一緒に食べるおつまみを工夫しましょう。

焼酎やウィスキーなどの蒸留酒を飲む

お酒を飲むなら、糖分が少ないものを選びましょう。焼酎やウィスキーなどの蒸留酒は、糖分がほとんど含まれていないため、筋トレやダイエット向きのお酒と言えます。

しかし、飲む量は少量にし、焼酎なら1合、ウィスキーならシングル3杯程度に抑えましょう。

たんぱく質が豊富なおつまみを選ぶ

たんぱく質はアルコールの吸収を抑える効果があるため、お酒を飲むときは、先にたんぱく質の多いおつまみを食べておきましょう。

たんぱく質を含むおつまみといっても、唐揚げなどの油物は避け、鶏ささ身のたたきや豆腐など、油を使っていないものを選ぶようにしましょう。

加圧トレーニング後の食事メニューやタイミング

加圧トレーニングで筋肉を効率的に鍛えるなら、食事の内容や食事を摂るタイミングはとても重要です。同じトレーニングを行っても食事に気を使う人とそうでない人とでは、結果に大きな差が出てしまいます。 身体を動 ...

『加圧トレーニング後のお酒は厳禁?その理由とは?』のまとめ

加圧トレーニング後にお酒を飲むと、テストステロンとコルチゾールが分泌されるため、筋トレ効果に悪影響を与えます。

効果を最大限に引き出すためには、飲酒は避けるべきですが、付き合いなどでどうしても飲まないといけないときは、糖分の少ない蒸留酒を少量、おつまみも油分が少なくたんぱく質を豊富に含んでいるものにすることが大切です。

効果ないと思わずに済むように、お酒とうまく付き合って、加圧トレーニングを成功させましょう。

-加圧トレーニングについて

Copyright© 金剛筋シャツは効果ない?評価・口コミ|最安値(格安)で購入するには? , 2018 All Rights Reserved.